クラシックに戻りたくない。

引き続き、WordPressブロックエディタの話。
予期しないエラーやMarkdownプラグインとの抵触など、数分で解決したにもかかわらず、おバカなところでハマったのが・・・

クラシック段落

どんなものだろとボタン押下したんでしょうね。
文章書いてる上に、あのズラリと鬱陶しい様相のボタンたちが並んでいる。
テーブルを組め、引用を使えと、アイコンだけならともかく、
テーブル↓ 引用↓ みたいな文字メニューまでズラリ。

これどうやって消せばいいの? と泣きべそかきながらコードエディターを開いたり、いろいろと探っても、別にコードが違うわけじゃないから。そこじゃない。

編集画面を、クラシックでやりまーす。というだけのツールなので生成するものには違いはない。ただうざくて辛いだけ。
そして対処法はというと、クラシックエディターに戻す方法という記事が目白押しで、めぼしいものは見当たらず、そもそもそんなドジっ子設定は他の人はしないのかも知れない。

回避方法は逃げる

Webは何でも失敗したら白紙からやり直すのが早いですよね。
書いた文字らだけメモ帳へコピペして、記事を捨ててやり直しました。

投稿画面を開いたら、まず右手側上のハンバーガーメニューを開き、ブロックマネージャーのズラリとアイコンが並んでいる中で、クラシックというチェックボックスを外して再開。

と書いていて今気づく。クラシックだからビビったけれど、そも設定したブロックを消せないわけがない。そのブロックで出ている編集ツールのハンバーガーを押下すれば、出てきた。
ブロックを削除。ショートカットもある。

学ぼうよ。逃げずに。