昨日は東京にも雪が降っていたのでサミットストアに出かけた以外はおとなしく過ごした。4年ぶりの大雪警報が出たらしいが豪雪にはならなかった。

家族曰く「パンを切らしているが買い物に行く気がしない」ごもっとも。な天候だったがコーヒーシュガーを切らしていたので買い物カートを押し車に徒歩で出た。
療養中にヨロヨロするのを支えるために使っていたご無沙汰品だが転びたくない日には重宝だ。
歩くのを支える用途より重たい荷物を持って雪の中を歩く難儀を避けられた。

目的は砂糖とうどんとパンで見事に雪の中、糖質を求めてーという感じだったが

ゴールドブレンドのシリーズ特売がまだ続いていたので、今度は「コク深め」を試してみることに。
ゴールドブレンドがとにかく好きだが、緑のラベルのは金蓋よりさらに好みかも。
砂糖は前回買ったラカントSが自然な甘みで珈琲にも合うのでわざわざサミットへ行かねばモードだったのに、なんとなく気まぐれで喫茶店でよく見るカラメル色のを購入。これも美味しい。

雪は翌朝になっても積もっていて、陽射しはあっても、日陰の道は凍結していた模様。

ベランダの植木も葉が広いものは雪の冠をかぶっていたが・・・それよりハイビスカスが不思議だ。この季節になってもまだ蕾がいくつかあり、花が咲いては落ち、次が咲いては落ちを繰り返している。

隣家の玄関とうちの庭にある、どう見ても白いハイビスカスにしか見えない樹木たちはすっかり枝だけの冬木になっているのに、違う種類なのだろうか。

ググると一応、春から秋にかけて花を楽しめるとあり、陽射しがあり室温が保たれていれば冬も花を咲かすと・・・そういうものなのか。

ハイビスカスの隣の植木はすっかり寒さに凍えて心配なくらいだが、室内に入れるべきなのか。

とりあえず新年初投稿なので、カイルスのご挨拶風写真。
2022年は良い年になりますように。たっぷり。