初!Android

ブログの更新を怠けているようなときは、仕事やら私生活で好きなことに夢中になっていたり、あるいは失せ物・壊れ物に見舞われておぉぅオレなんか忙しいよ買い物ばっかしてるよ、丸ノ内線やたら乗ってるよ、てな状況が続いていたり、もしくはただ単に充実した読書生活をだらりたらりと満喫していたりするものですが。

まぁこれだけ間が開けば、コンボですな。それらの理由がコンボで長期。
で、たまたま偶然ながら亡き祖母のお誕生日である2月20日にわりと念願だったAndroidスマホに転向いたしました♥

なんとのぉ浮かれているのは毎日スマホいじるのが最近楽しいぜぇ。というのと、大家族8人だった旧き良き日から2月の祖母・誕生日の次は、3月わたくしの誕生月ですな、というムードも手伝っているのでしょう。

知ってました? 米津玄師もまた3月10日生まれだそうで。
ほぇぇと知った日には思いました。わしの誕生日って大スターしかおらんのよね、と。松田聖子と渥美清と、と思ってたとこへ米津玄師ですもの。スターがおらんよね、大スターばっかなのねと。

わしこんなショボいのにね、とふっと思い、そしてついでに共通点は全員天然っぽい・・・かねと勝手なことをひっそり思いました。

だいたい表題にそって書けよ、スマホの話しろよ、話題逸らしの常習犯だなと反省を挿さみ、Android話題へ行こうと思いますけども、特に真剣に機種を悩んだりしなかったので感想といえば(楽しいよぉ〜)しかないわけなんですけど。

機種はSHARPのAQUOS sense2
色は5色くらいあった中のアーバンブルーというやつですね。ドコモではSH-01L auではSHV43 という型番になるらしいけど、自分はIIJのSIMフリー使いなのでSH-M08

元iPhoneのバッテリー持ちが異常に悪くなって修理か新規かと迷ったときに、(あ。もうiPhoneというかLightningケーブルに小銭落としまくるのイヤだ)となって、んじゃ今度こそIIJさんで購入できる定番的な機種に変えよーと思い立ち、mioのサイトを検索で開いたそこで最初にたまたま開いてたsense2のキャンペーンを見て速攻申し込んだとそんな経緯。

他にもキャンペーンはあったようなんだが(笑)
この場合SHARP好きが功を奏したというか、迷う余地がなかったというか
昔馴染みのノートPCから掃除機から電子レンジから洗濯機からおまえほんとにSHARP好きな・・・という前にほら所詮育ちが「Zaurusくん」だったりなわけでして、あたい(笑)

2005、6年頃から遥か2019年の現在までまだLinuxだぁ、ポケットに突っ込んで持ち歩けるLinuxデバイスだぁって同じこと騒いでニコニコしてるとは想像もしてなかった。
単純脳は幸せが安くて容易くて良かった。

使い勝手は、iPhoneのUIは、あ、あれこそがキャリアゆうところの「簡単スマホ」の理想だったのでは・・・と後から思ったように、最初からなんか触りやすく何も考えずに使っていたけど、その先も触りたくなる感は、自分の場合は今のこっちの方があったなぁという個人趣味が出たかも。

どうなんだろう、音声認識については完全に使用率90%くらいにアップしたよな。
Siriには籠り声の低音嫌われまくって、(あんたのゆぅこたさっぱりだ!) 的な嫌味ばかりかまされてたけど、最近はフリック入力は登録画面でくらいでしか使わなくて済んでいる。
初期設定などする初日ってスマホ触りっぱなしになるけど、その日に最初に認識されたのが特にスマホに向かって喋ったつもりもなかった「うるせぇ!Google!」という小言をきっちり聞き取って調べてくれて以来、音声認識でこけたことがない。

あとはスペック調べもせずに購入したわりに、兄から「おまえのそれもおサイフケータイ使えるよな」と教えられて、はまっているのがNFC機能。
各種ICカードの残高もサクッと調べられるし、小銭は自販機に使う分しか心配しなくていいし、無粋ものには重宝している。

余ったiPhoneも2枚目のSMS機能付きSIMに差し替えたので音楽ファイルをまるまるiTunesから移行する必要はないのだが、iSyncrという同期アプリで最近の購入分はもってきてPulsarというメディアプレイヤーで心地よく聴けている。
このAPPから着信音やアラーム音にじかに指定できるのでめちゃくちゃ楽。
そう、これからはBUMPの新曲が出るたびに健気な作業で着信音を作らなくてもいいのだ。

Web屋の検証機としてはWi-Fiで観られるiPhoneが残れば十分なのだが一応iPod兼IP電話専用機という雰囲気で鎮座している。
今まで長らくAndroidの検証機は億ちゃんがじかに持っててくれると助かるんだよなぁと思ってたはずの仕事仲間にはきっと本人が上機嫌な以上に朗報かも知れない。(お待たせしました)