DIY・モニタースタンド

Do It Yourselfというよりは、シマホ作じゃね? という簡単な代物ですが。コの字型の台を2つ作りました。
机の高さが変わったら、モニターの高さも調節したいよねとなり、先日のあの酷い写真のありさまで過ごしながら、いくつかのオンラインショップを物色。

値段的には2500円から3000円程度で、引き出し付きや電源コードをさせるタイプなど、単体であれば気に入るだろう品は多々あったけれど、まずは奥行きの問題で引っかかる。

木棚の奥行きが24cmで少し棚に埋め込む形で机を置いているが、既製品は奥行き25cmが多かった。合わせて、高さの違う2台が欲しいとなると、作った方が早いやね・・・となり、南台にあるシマホの中野本店へ。

長い板を買って、2枚の天板と4本の脚に切り分けてもらうつもりで絵とサイズをメモって出かけたが、出来合いの棚板を見て、あ、これでいいや。となり3枚中1枚で高さの違う脚を切り分けてもらって、あとは自分で工作。

サーティーワンでなんのアイスを食べよう?!迷う!と張り切ってたのに、残念ながらニトリになって閉店してしまったそうで、通りでいくら探しても見つからなかったわけだ・・・。ちぇ。

まぁ、前から調達したかったS字フックの種類の豊富さにうっとりして気に入ったのを購入できたけど、隣にできた公園でゆったりアイスを食す計画は潰えた。

中野区立広町みらい公園。広々として、外周をぐるりと回れるのが良い感じだった。こういう高低差があってどちらからも入園できるのか好きだなぁと眺めてきた。

あとはこのおじいちゃんのオヤツをいっぱい溜め買い。

最初は近所のローソンで買ってた出汁スープのとか、何でも6個まとめて買うと割引になるのが懐においしい。

帰宅して工作したのはこんな感じ。
ふつうの集成材だが、棚板パーツとして売ってたので角に若干丸みがあるのが天板らしくて良かった。

iMacは机から0.5cmくらい下にあるが、ほぼ卓上に置いた場合と同じ高さ。デュアルモニターの方は12cmほどの脚で、机面からは8cmくらい上に置けた。

やはり派手なケーキの箱2つ並べた上にあるよりは落ち着く(笑)
ただ、あのケーキ箱があまりにもジャストな調整値だったので、この高さを測って自作すれば間違いない・と動く気になったのは紙箱のお手柄。

実際、下方から見ればディスプレイの背後にどちゃらッとコード類は見えるんですけどね。机に座ってる分にはほぼ眼に入らなくなったのと、サブモニターの台下に外付けHDDを寝かせて入れたり、長すぎるコードも台下に収まっているので、満足。


ところで、行きにGoogle Mapが所要時間は9分だと表示し、「あそこまで9分で着いたら暴走自転車だよなぁ!」と家族に笑って出かけたのだが、ほぼ10分かそこらで着いてしまい驚いた。
特に急いで漕いだりはせず、Mapが示す道よりは勝手知ったる裏道を選んで走ったくらい。

となると、信号待ちや迷ったりがなければ、案外あの時間計算て合ってるのか? 中野駅のシマホの方が遠いってことか、などと考えてみたが、今中野駅のシマホへの経路を見たら6分だった・・・。なるほど。

家からだと山あり谷ありで非常にきついのだが、6分とな。今度試してみよう。


そして今日いちばん嬉しかったのは、ずっと探していた君の名がわかったかも。

庭中がこの木になればいいのに。というくらい気に入っているのに、生えているのが自転車置き場の松の根本、薄いレンガ風シートの隙間なので掘り出して移植もできない、大きくなれと期待もできない、ほんと好きなんだけどな・・・と思ってた君。

シマホの植木売り場から外へ出る寸前に覗き込んだこれ、写真を見直すと違うような気もしてくるけど

緑の葉に「シルバーの斑が入る」そうそう、これだよ!と大悦び。
いやでも落ち着いて見直すと、家のは真っ黄色な斑が入る、かも。

見極めが難しいなぁ。初雪かずらも、シマホの店頭にあったのは先がピンクの葉がたっぷり映えてたけど、うちのは今ほぼ緑だし、状態によって「斑」の入り具合が変わるとか、ありそう。少なくとも同系統の植物と思っていいのかな。

ぬぬ。プリペット、レモンアンドライム。というのもあるのか。
いろいろ画像を見てみよう!というところで今日は終わり。