Essential Content Types

表題はカスタム投稿タイプ・プラグインの名前。
仕事でめずらしく海外の有料テーマを触る機会があり、そのテーマ一式に付属していたプラグインのひとつ。

仕事といっても設計もコーディングもしない、ご相談にのったり質問に応じるだけのアドバイザー参加で、WordPressのテーマ選択はご本人にお任せ。

アウトプットしたい最終的な図案はご本人の頭の中にあるので、そこにいちばん最短で近づけるテーマが良いよな・・・といろいろ見てもらった結果選ばれたのが CATCH THEMES が配布するテーマの一つだったという経緯。

入り口はベーシックな無料テーマとしてダッシュボードのテーマの新規追加・検索にも載ってくるので、付属するプラグインもテーマとは無関係に誰でも無料で使える。

まずは「Catch IDs」というダッシュボードの投稿一覧やカテゴリ一覧にIDを表示してくれる便利機能に目がいき、あ、これはうちも欲しいとさっさと検索・インストールした。

あげく表題のカスタム投稿タイプ追加プラグイン「Essential Content Types」も自サイトに導入して使いはじめた。


因みに日本語メニューでカスタム投稿タイプを追加するプラグインとしては一択しかなさそうな「Custom Post Type UI」も導入した。
このブログサイトにそんな数はまったく必要ないが、比較対象に見てみたかったので入れてみて便利だったから残した。

Custom Post Type UIはまず自分でカスタム投稿タイプに「名前をつけてつくる」ところから開始するので、その投稿タイプを扱う際には

カスタム投稿タイプに名付けたスラッグが:news:なら

'post_type' => 'news',

という風に使える。

通常のカテゴリーを扱う時に、post_typeは「post」
カテゴリーは自分でつけたカテゴリースラッグ名…と書くところを
post_typeは「post」ではなく、カスタム・ポスト・スラッグを指す


一方「Essential Content Types」プラグインはというと、そもそも自分ではカスタム投稿タイプをつくらないではじめてしまうため、いざ抽出用途で使うときはプラグイン自身が書いたfonctionを見る必要があった。

このあたり、仕事では極力プラグインを使用しない、つまり一般的なWordPressブロガーよりプラグインにとことん疎い自分には、探すべきところが当初ピンと来なかった。(ために記事にした)

答えは簡単で、テーマがテーマ・エディターで閲覧・編集可能なようにプラグインにもプラグイン・エディターがあるのを見れば良かった。

本末転倒ながら、このプラグインはカスタム投稿の抽出利用を「可か不可か」どちら?を見にいって、肝心な「post_type」配列を見つけた。

	$ect_post_types = array(
		'featured-content',
		'jetpack-portfolio',
		'jetpack-testimonial',
		'ect-service',
	);

ググってこのプラグイン利用者がpost_type名を載せていたら見もしなかったものだが、とりあえず日本語記事にはすぐ見当たらなかっったので、記録。

見ての通り、Jetpackのベーシックなカスタム投稿タイプをサクッと4つ作ってくれる「お仕着せ」便利プラグインなのである。

上から順に
おすすめコンテンツ:featured-content
ポートフォリオ:jetpack-portfolio
推薦文・または・お客様の声:jetpack-testimonial
サービス:ect-service

左手側の日本語表記は、Jetpackの翻訳に添わせるつもりだったが
ja.jetpackではポートフォリオとfeatured-contentしか見かけなかった。


「お仕着せ」便利・と書いたように、もしこのプラグインを使って、ポートフォリオやサービスのコンテンツを充実させたいなら、アーカイブテンプレート「portfolio」や「service」を自前で用意してアップロードするか、上4つのpost_type名を使って固定ページをつくるなど。

ふ。そこまで出来る人がカスタム投稿タイプをプラグインにつくらせるか、直書きかJetpackでいーぢゃない。と思わないではないが
CATCH THEMES は無料版も豊富にあるかなり個性的でおもしろいテーマ群なので、使う機会があれば、この記事も拾い読みしてやってくれ。

とにかく「お仕着せ」もここまで充実してると圧巻だなぁ、とテーマ・カスタマイザーの全能感に感銘を受けました。
そもそも日本版の有料テーマもほぼ使わないガラパゴス住人なので、他テーマと比較してあぁだこうだとレビューするには合ってないのですが、テーマのメインがまずフロント・ページをサクッとものすごいものつくれる点にあって、あとは不要なものだけ「disable」「disable」と消していけば良いという、わかりやすさと時間短縮感。


そういう想定が成り立つかはわからんが
ポートフォリオ・サイトをつくりたくて、ブログは追加更新のお知らせと個展やイベントの通知と、まぁ制作中の作品について語ることも時々はあるかなー
という場合なら、気に入ったテーマにこのプラグインだけ入れて、4つもカスタム投稿いらないので「portfolio」以外はオフにして使うという時短はありだと思う。

プラグイン自体はショート・コードでフロントページを充実させるためにつくられた目的ものなので、目的が限られたケースではすごく有効。


あと、ひとつだけ他テーマとの比較で絶対有利だった点を書いておこう。
テーマをインストールして「有効」にしても、テーマサイトが標榜しているスクリーンショットとあまりに違うもの、Demoで動いているものと差があり過ぎるのは「落胆」の素ですよね。

私のように素描に近いテーマに必要なスタイルだけ追加していくのが楽というのは、つくるのが飯の種な側の言い分で、ブログは発信手段でしかないユーザーにとって、テーマをインストールをしたのにどこがオリジナルかオリジナリティだかもわからない・・・見た目は酷だな、と感じまして。

テーマサイトのマニュアル見ながらカスタマイズ項目埋めていけばスクリーンショットに限りなく近づけられるんですよー。と分かってはいても、じゃ、それ誰がやるのって話で。

今回は試しに「有効」にしたら即座にかなりボリューミィなフロントページとおまけのコンテンツ・ページまで作られて、それに必要なメディア(写真やアイコン)も用意されていて、過不足なしにするには削るだけ、写真を差し替えるだけ、みたいなのは「落胆」とか「困惑」の入る余地もなくて大変よろしかった。

(英語のメニューをわしがサポートしきれるか?)と一抹の不安はあっても、すぐ「先が見通せるもの」を提示されたときに、お客さんがそれを選ぶのを、「うん、いいと思いますよ」と後押していた。


で、なんてゆぅか・・・わたくし元々この文章のとおり日本語も不自由な人格としては、素描に近いフリして妙に多機能になっちゃって、日本語圏民というだけではもはや理解不可能・・・なテーマにちょうど食傷ぎみだった中、英語メニューのよくできたカスタマイザーの方が楽だった。

何せアルファベット順というソーターがあったしねぇ・・・
1Byte文字はハナから有利でわかりやすくしやすいやね。

まぁ取説嫌いには説明ぬきですぐ使えるものが、基礎言語なんて関係なく向いてたんですね。